肥満治療についてと停滞期とドリンクについて

みなさんは、肥満治療についてご存じですか。最近、日本人の肥満が問題視されています。食生活が充実しすぎて、日本人の肥満率がどんどん上がっています。太っていると、いろいろな病気を引き起こします。心臓病や糖尿病など、重病になってしまってからでは遅いです。普段から早寝早起き、栄養価の高い食事を心がけ、健康的な生活をするようにしましょう。しかし、ダイエットは、毎日運動したり、食事制限などを繋げなくてはいけません。毎日続けることはとても苦痛で、途中であきらめてしまうことも多いです。そのため、停滞期を乗り越えられない人は肥満治療を受けることをおすすめします。ダイエットがうまくいっていても、停滞期に突入すると、なかなか体重が落ちません。停滞期は、急激な体重の減少によって、からだがエネルギーをため込もうとしているのです。そのため、厳しい食事制限や、運動に耐えられず、挫折してしまう人も多いです。まずは、簡単にできることから始めてみましょう。間食を控えるのはもちろん、ドリンクも変えるとカロリーを減らすことにつながります。ジュースや炭酸飲料などのドリンクを飲んでいる人は、水やお茶などの、カロリーが少ないものにしましょう。ジュースにはたくさんの砂糖が含まれているので、ドリンクを変えるだけでも減量できるかもしれません。肥満治療では、健康的な食生活の指導が行われます。普段の食事をシートに記入し、提出すると患者に合わせた食事を考えてくれます。運動能力を検査することもあり、どれくらいの運動が最適か医者の指導とともに考えられます。肥満治療は、リバウンドした経験があったり、ダイエットをすることが苦手な人も安心です。

ページトップへ