酵母で肥満治療を行って二の腕を細くする

肥満の人は全体的に脂肪が付きますが、特に二の腕は脂肪が蓄積しやすいです。基礎代謝で燃焼することのできる脂肪以上のカロリーを摂取していると、肥満治療を続けても二の腕の脂肪は落ちません。脂肪は皮下脂肪となり、リンパの流れが悪化していると、老廃物と混ざってセルライトになります。肥満治療をより簡単に行い、二の腕の余分な脂肪も除去するには、酵母が適しています。酵母とは、250年前にオランダの生物学者が顕微鏡で見つけたとされる生き物の一種です。動物や植物と同じように細胞内にある核に遺伝子が含まれる真核生物に分類されます。キノコやカビの仲間で、菌類の微生物ですが、食品加工の段階で昔から用いられてきました。代表的な食品にビールや味噌、ウィスキーがあります。食べ物に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに分けて成長します。この過程を発酵と言い、発酵食品が多い日本にも馴染み深いものです。肥満治療に効果的である理由は、栄養が豊富だからです。酵母にはビタミンやミネラルなどの栄養を多く含み、腸内の善玉菌のエサにもなるので、便秘解消に効果があります。食物繊維を含み、その中のβグルカンは免疫細胞を活性化させて、病原菌を撃退する働きを持っています。酵母はご飯やスイーツに含まれる糖質を分解します。食べたい物を我慢しなくて良いため、肥満治療で最も気をつけるべきリバウンドになりにくいです。しかし酵母は発酵食品から生きた状態で摂取することができません。よってサプリメントを服用します。服用するタイミングは、食事前でお腹が空いている時です。胃に何もないため、糖の吸収が多くなり水分を吸収した酵母は大きく膨らむので、満腹感を得やすいです。

ページトップへ